キャバクラの体験入店制度

キャバクラで働くならまずは体験入店で仕事を覚えよう!店舗によって雰囲気は様々。 - キャバクラの体験入店制度

キャバクラの体験入店制度

tdjytd
家計の足しに、借金の返済のため、小遣い稼ぎのため・・・バイトをする理由は人によって様々だと思います。
単なる小遣い稼ぎはともかくとして、家計の足しとか借金返済のためとなると、収入の高低は切実な問題だと思います。
なので、できるだけ高収入のところで働きたいというのが普通だと思います。
小遣い稼ぎにしたって高収入であるにこしたことはありませんよね。
さて、高収入のバイトとなると水商売かなとなりますが、風俗はちょっと嫌だなあという方も多いと思います。
風俗以外だとキャバクラなどになりますが、とはいえ普段なじみのないキャバクラで働くのも不安・・・
例えば、居酒屋や書店などであれば実際に訪れて雰囲気を確かめることもできますが、キャバクラではそういうわけにもいきませんよね。
でもキャバクラにも雰囲気や仕事内容を確かめる方法があるんです!

キャバクラで働くかどうか迷ってるあなたにピッタリの制度です!

学生の就職活動では、企業で就業体験ができるインターンシップという制度があったりします。
それに近い制度なのですが、キャバクラには体験入店の制度があるんです!
略して「体入」なんて呼ばれるそうですが、文字通りお店で実際の勤務を体験できるというものです。
インターンシップは給料をもらうことはできませんが、キャバクラの体験入店では給料が出るというところも魅力です。
また、実際に働いてみて「合わないなあ」と思えば体験入店だけで終わることもできるので、本当にお試し感覚でやってみることができます。
最近のキャバクラでは大体のお店でこの体験入店制度を導入していますし、体験入店せずいきなり本採用になってから「やっぱり辞めたい」といいのは言い難いと思います。
お店側としても採用したは良いもののすぐ辞められてしまっては困るので、この制度はお互いにとって良い制度といえますよね。
この風俗業界の体験入店制度はまさに、「馴染みのない業界だし不安」とか、「高収入の分大変そう」とか、キャバクラで働くかどうか迷っているあなたにピッタリの制度ですよ。

キャバクラ独自のシステムや仕事を体験するために

「キャバクラでの仕事」と聞くと、どんな仕事をイメージするでしょうか?
パッとイメージできるのは、「男の人とお酒を飲みながら楽しくお話しする」というような感じだと思います。
これはあながち間違っていませんし、メインの仕事はこれなんだと思います。
でも実際には、複雑なシステムや水割りの作り方があったり、ホールスタッフとのやりとりに使うコールサインを覚えたりと、キャバクラ独自のことが色々とあります。
例えばコールサインだと、「指を前でバッテンにするとお会計」とか、「両手でわっかを作ると新しい灰皿」とかがあります。
水割りの作り方はなんとなく想像できても、こういったコールサインは完全にキャバクラ独自なので知らないと全く分かりませんよね。
なので単純に、「男のひととお酒をに見ながら楽しくお話しする」だけだと思っていると面食らってしまうかもしれません。

まずは自然体で面接に臨もう!

体験入店を果たすためにもやはり面接があります。
しかしあまり気張って行く必要はありません。。
最低限のメイクさえしておけば、服装も普通で構いません。
そんなところに気を使うよりは、従業員の対応や雰囲気を見ることに気を使いましょう。
これは体験入店してからすれば良いのですが、面接時点でもある程度感じ取ることができるので気を使うにこしたことはありません。
面接時点でふるいにかけて、より自分にピッタリのお店を見つけましょう!

Copyright(C)2016 キャバクラの体験入店制度 All Rights Reserved.